ジャンプあれこれ

ジャンプあれこれに関する記事です。

 
2007/12/01(土)

▼ 判定者はだれ?


手塚治虫の漫画と、最近の週刊少年ジャンプの人気漫画はどちらがより評価されるべきか? 
某巨大掲示板で、そんなテーマのスレッドを見つけたので、つい時間を忘れて読んでしまいました(ちなみに私は某巨大掲示板に何か書くと「チラシの裏に書け」「KY」といわれるのが関の山だし、時間がないので議論には参加しませんが・・・)。

vs議論をするなら、判定者が必要だろうけど、判定者は誰に頼むべきか? 私はこれについて考えてみたい。そうすれば、「手塚漫画vs最近のジャンプの人気漫画」の答えもおのずと出てくるだろうから。

▼ 80:20の法則


世の中のもろもろの事象は、おおまかに「80:20」に分かれる傾向がある、という”80:20の法則”がある。世の中のほとんどの人が漫画を楽しんだことがあると仮定しよう。まあ、現在のところ、80%の人(=一般人)は、「漫画なんてものはせいぜい高校生までの読みものだ」、という認識だろう。この80%の人(=一般人)の人間にはvs議論の判定者の資格があるか? という話なら、「ある」、といわざるをえない。なぜなら、週刊少年ジャンプという媒体は、そういう80%の人(=一般人)をも対象にしているのだから。

▼ 一般人の漫画に対する認識


一般人曰く「漫画はエンターテイメントであるべきで、その評価は人気で決められるべき」
話を単純化するために、この認識を正しいものと仮定する。週刊少年ジャンプの方針は、「エンターテイメント」「人気」を重要視しているのは、誰の目にも明らかであろう。

ところで、エンターテイメントとは何か?
一般人曰く「エンターテイメントは現実から切り離されたもの」

これもまた、週刊少年ジャンプの漫画に風刺精神が欠落していることを見れば、納得しやすい定義じゃないかと思われる。

とすれば、もしvs議論の判定を80%の人(=一般人)だけにゆだねるとすれば、「週刊少年ジャンプの最近の人気漫画>手塚漫画」という答えが出てしまう。「ドラゴンボールは、火の鳥やブラックジャックよりも、評価されるべきである」というわけだ。上記の某巨大掲示板のスレッドにも、それを主張する人が何人もいた。確かに、多数決で決定するなら、残り20%の意見などものの数ではないから、その結論で終わりだろう。

▼ 「漫画」の立場にたって考えるなら


しかし、考えてみれば、手塚治虫の漫画人生は、「漫画はせいぜい中学生までの読み物」といった、漫画に対する低い扱いへの抵抗ではなかっただろうか。手塚治虫の最大の業績の一つは、社会における漫画の地位向上ではなかっただろうか。日本のアニメや漫画が海外で評価されるようになったのは、漫画やアニメ業界の人々による地位向上の努力が評価されたからではなかっただろうか。

週刊少年ジャンプは、「漫画はせいぜい中学生までの読み物」という需要に応えるための雑誌だろうか。もしそうなら、ジャンプにとって、手塚漫画は決して相容れないものに違いない。もし週刊少年ジャンプがそれだけの雑誌であるなら、手塚治虫の作り出そうとした時代の流れを逆流させようとしている、ということになるだろう。

▼ サブカルチャーの時代


かなり乱暴に話を単純化させてきたが、現在、日本の漫画が社会のなかで得た地位は、何も手塚治虫だけの功績によるものではないことは言うまでもない。しかし、時代は、手塚治虫の努力と同じ方向に進んできたことは確かだろう。もし、「漫画の神」なるものが存在したとすれば、現在に至るまでの漫画の地位向上を喜ぶのではないだろうか。もし「漫画の神」が、このvs議論の判定者となったら、その判定は自明のように思われる。

ジャンプがナンバーワンの座を占め続けるには、80%の人(=一般人)の読者をも取り込むことも重要なのだろう。それにしても、手塚治虫のように、残り20%の立場から、80%の人(=一般人)へ訴えかけるやり方は、かなり不器用なのかもしれない。80%の人(=一般人)の立場から、80%の人(=一般人)の人間に訴えかけること、この方がスマートなのかもしれない。

週刊少年ジャンプという雑誌に忠誠を誓っていると、いままで私は何度も書いてきた。半分は冗談ではあるが、半分は本心である。だからこそ、私はあえて言いたい──「ドラゴンボールの栄光はもう忘れよう」。というか忘れてくれ。なぜって、その先には手塚以前の時代へ向かう下り坂はあっても、未来はないのだから。
2007/08/16(木)
あんまり暑いので、「かんにんしてよ~」とお天道さんに泣きつきたい気分ですが、「自業自得じゃボケ」とか言い返されそうで、それもままなりません。

それはそうと、某2ちゃんねるでは、ハンター(HUNTERxHUNTER)の連載再開説が流れているようですね。まぁ、誰が流しているかは知りませんけど、某2ちゃんねるでは連載再開説は定期的に流れているので、またか、という感じですが、今回は、情報に信頼性のある固定ハンドルさんによる情報なので、いつになく信憑性が高いようです。
(詳しくはrxdZIQsltkでGoogle検索してくだされば分かります。某2ちゃんねるにはリンク貼りたくないので・・・)


さて、このブログは、週刊少年ジャンプの感想がメインなわけですが、なぜか「ハンター」関連のキーワードで検索上位に上がってしまってるようで「ハンター」関連で検索されてお越しになる方も多いので、僭越ながら、上の事情について、足りない頭を絞って私見を書いてみたいと思います。

上記の情報によりますと、カとバが付く現在連載中の2作品が惜しくも終了ということになっていて、しばらく後にハンターが再開予定、ということなのですが、結論から言うと、ハンター再開説に関しては、あまり意味のない情報だと思います。だって、固定ハンドルさんは、ハンター以外の件は確定路線として書いてますけど、ハンターの件だけは再開”予定”なんですよね~。「4月から再開予定」って、以前ジャンプ本誌に書いてありませんでしたっけ。


上記の情報が正しかったと仮定してあれこれ考えてみると、”予定”ってことは、現時点では、原稿の書き溜めが出来てないってことですよね。書き溜めが出来てるなら、再開”予定”なんて言い方しませんよね。てことは、1年以上描いてなかったと。「超こち亀」のイラストを見たとき、冨樫氏はもう絵を描いてないんじゃないかと思いましたけど、もし連載再開が事実なら、ブランクを埋められるのだろうか・・・。
集英社に電話でハンターの休載理由を尋ねると「作者の体調不良により・・・」という定型レスが返ってくるそうですが、再開”予定”ということは、あるいは、そろそろ作者の体調が良くなりかけてきた、ということでしょうか。となると、精神的なものを現在もわずらってるってことになりそうです。もしそういうことなら、無理しないでほしいです。
それとも、集英社と冨樫氏のあいだに契約上の揉め事があって、それがいまだに長引いているということでしょうか? これはファンとしては一番考えたくないケースです。だって、もし揉め事があるとしたら、集英社としては、まず間違いなく「どんどん描かせたい」という要求を持ってるわけですから、冨樫氏は「ハンターはもう描きたくない」という意向を示していると考えられるわけですよね。個人的にハンターは好きな漫画だし、作者が描きたくないのにしぶしぶ描いた漫画の劣化ぶりは何度も見ているので、もし連載再開が、集英社による無理矢理の引き伸ばしを意味するなら、抗議のためにこのブログのタイトルを「週刊少年サンデー感想ブログ」に名前を変えることにします(意味ないか)。


まぁ、そもそも、現在連載中のカとバが付く2作品が惜しくも終了、という話がなんか信じがたいんですけどね。カが付く漫画よりもアンケート順位が下なのは、まだあるわけですし。それに関係者っていうのは、こんなにポロポロと情報流せるものなのか? もし私が集英社からご飯を食べさせてもらってたとしたら、間違ってもそんなことしませんよ。・・・てことは、集英社が意図的に流しているのでしょうか?w 定期的に再開説を流すことで、ファン離れをつなぎとめると。なんだかんだで某2ちゃんねる及び関連サイトは圧倒的なトラフィックがあるので、広告効果といいますか、売り上げに与える影響力はでかいと思われますし、実際ジャンプ本誌にも某2ちゃんねるネタが頻出してますし。下衆の勘繰り申し訳ございません。誤解のないように言っておきますが、私はこう見えても週刊少年ジャンプという媒体に忠誠を誓っていますので、悪口はなるべく書かないようにしています。


というわけで、ぶっちゃけると、ファンとして、あんまりうれしくなれない情報ですわ。以前「社長への手紙」という形で、HUNTERxHUNTER再開なんて話もありましたけど、そもそもジャンプ連載漫画は、高度なマーケティングに基づいて運命を決められているのだから、そんなことしてもおいそれと聞き入れるわけにはいかないだろうし、そもそもこのやり方は、作者の意向を完全に無視してるんですよね。これ見たとき、まじで冗談じゃねぇ~とおもいました。作者が描きたくないのにしぶしぶ描いた作品なんて、面白いわけがないと思うのです。
2007/06/06(水)

掲載順位とアンケート結果の関係

さきほど、FC2投票のことを書きながら、ふと思ったことがありました。それについて今から書いて見ることにします。 「週刊少年ジャンプ」の連載作品の掲載順位は、アンケート主義に基づいているといわれています。Wikiを見たら「アンケートの順位は掲載順にそのままの形で現れる」と書いてありました。

投票数は多いはず

これには少し検討の余地があるようです。 まず、毎週編集部に送られるアンケートの量は相当のものだと思います。発行部数が300万部として、その1%としても3万です。3万もの投票があったら、数値はかなり安定するんじゃないでしょうか。視聴率調査なんて、たった600世帯のサンプルをもとにしてるそうです。

≫続きを読む

BLOG MENU

 | 週刊少年 | 
Page Top ↑
このページはジャンプあれこれに関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.