2007年07月

2007年07月に関する記事です。

 
2007/07/30(月)
昨日は参議院選挙の投開票日でしたが野球を見てました。別に政治に関心がないわけでもないです。といいますのは、こういうことです。

たとえば、なにげなくサイトを開いて、サイトの左上の部分に「好きなジャンプ漫画」という投票が置いてあったとします。訪問者は例えば勇者学のファンだったとしましょう。
「なになに? 好きなジャンプ漫画だと? よし、応援をかねて一票入れてやろうじゃないか」と思って投票ページを開いたら、投票の選択肢が「ワンピ」と「ナルト」しかなかったとします。
「ウゼー、なんだこのクソサイト!」と勇者学のファンの訪問者様がギロチンのまさゆきばりにブチ切れても別に驚きませんよね。

また、もしジャンプのアンケート用紙に、「今週のジャンプ漫画の中で面白かったものを3つを面白かった順に書いてください」とあって、選択肢が「ワンピ」「ナルト」「ブリーチ」の3つしかなかったら、誰もアンケートなんか送らないと思います。


何がいいたいかというと、要するに、日本の国政選挙の制度は、死票が大量に生じるダメな選挙制度だってことです。言いたいこと色々あって破裂しそうですけど、あんまこういうこと書いていいか、よくわからないので、このへんにしときます。
2007/07/27(金)
「日本のアクセス数トップ100」なるものがあります。インターネット視聴率とも言われていますが、現時点で、ヤフー、グーグル、FC2、mixi、楽天という順番になってます。何ヶ月か前は、ヤフー、グーグル、mixi、楽天、FC2という順番でしたが、ついこないだ、FC2がとうとうmixiを抜き去りました。とりあえずFC2ユーザーとしては、よろこばしいことなのかもしれません。ちなみに某2chは14位です。

上のサイトがどーやって全世界のアクセス数を調べてるかというと、IEにAlexaツールバーというのを入れている人のデータを使ってるそうです。まぁ私はIEはなるべく使わないようにしてるので、関係ないですけども。某2chが低迷してるのも、専用ブラウザ使う人が多いからかな? ただ、某2chは、全般的なアクセス数が漸減傾向にあるようですね。

某2chのアクセス数が減ってるのは、mixiにユーザーが流れているからだそうですが、そのmixiをFC2が抜いたというのは、FC2さんの営業努力のたまものなのか、それともSNSからブログへという新しい傾向なのでしょうか。そういえば、少し前、「Twitter」っていう一言ツールが話題になって、新SNSとも言われてたけど、FC2も「FC2ミニブログPIYO」という一言ブログを始めています。

やってみて、一言ブログというのは、ネトゲーの待合ロビーみたいなものだと思いました。ネトゲーに接続しても、ゲームはやらずに待合ロビーでダラダラとチャットしてるのと似た感じ。ブログやホームページの管理者がブログを更新せずにダラダラとチャットしたり、たまに宣伝したりする用途として使われるようになるかもしれません。私はといえば、YahooやGoogleのロボットさんたちとばかり対話してますが・・・。
2007/07/08(日)
ためしにブログランキングのリンクの場所を変えたら、順位がガタ落ちしましたww
まあこんないい加減なブログがでしゃばってるのは気が引けるので、それはそれでいいとしまして、前回ブログランキングの記事を書いたついでに、ちょっとしたコツについて述べてみます。

ブログランキングは、自分の記事をみてもらうために有効な手段ですが、うまく使うのは、けっこう難しいと思います。ブログランキングを有効に機能させるには、

  • ブログランキングを選ぶ
  • 登録カテゴリーを選ぶ
  • リンクの貼り方を工夫する


が必要になってきます。

ブログランキングを選ぶ


FC2 Blog Rankingブログランキング【くつろぐ】人気blogランキングブログランキング ブログ村ブログの殿堂などなどあります。どれを選んだらよいでしょうか~。

実を言うと、とりあえず手当たり次第登録してみて、一番よさげなものを選ぶって手法が一番有効なんですが、面倒ですよね。

inとoutの差をチェック


確実な方法は、ブログランキングのページにあるin/outを見るものです。
ランキング参加サイトからバナークリックなどでアクセスを送るのがin、逆に、ランキングからアクセスがくるのがout。つまり、inよりもoutが多いランキングサイトが優秀だということになります。
たとえば、
  • in:15
  • out:35

だったら、自分のブログから15アクセス送り、ランキングから35アクセス返ってくる、ということです。

登録カテゴリーを選ぶ


ジャンルによっては、inの10倍くらいのアクセスが返ってくるおいしいところもあります。この場合も、やはりin/outを参考にしましょう。
カテゴリーを3~5箇所くらいまで登録できますが、最初は比較のためにいくつか分散させておいて様子見して、outが多そうなところに絞って、上位を目指してみるのがいいかもしれません。

リンクの場所や文言を工夫


inを送って上位を目指すためには、お客さんにリンクをクリックしてもらわなければなりません。
目立たないところに貼ってあると、誰も押してくれません。
身もふたもない言い方ですが、目立つところにリンクを貼っても、クリックしてもらえる確率が10%を超えることはありません。これは、ちゃんと統計データがあります。普通に貼ったら1%未満とかそんな世界です。

なので、誰も押してくれなくても、それが普通ですから、心配しないで大丈夫です。
というわけなので、「自分で押す」「お友達に押してもらう」というのは、地道ですけど、とても有効な作戦なのです。

目立つように貼るには、「本文中に貼る」のがよいと思います。しかも、ただ貼るのではなく、規約に反しない程度に文言を工夫します。文中に貼る場合は、記事を書く度にリンクを貼る方法と、ブログのHTMLに貼る方法があります。記事を書く度に貼れば、工夫のしようがありますが、なにぶん面倒です。ブログのHTMLに貼れば、全部の記事に反映されますが、ブログがカスタマイズしやすいこと(この点に関しては「FC2ブログ」は最強です)が必要になります。

サイト紹介を工夫


ランキングが低くても、ランキングに登録する際のサイト紹介の文言を工夫することで、お客さんを呼ぶことができます。

とまあ、こんな感じです。

参考になられましたら、ポチっとお願い☆ ⇒○○○
↑↑↑↑↑↑
これは定番のテクニックですw

BLOG MENU

 | 週刊少年 | 
Page Top ↑
このページは2007年07月に関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.