2008年05月

2008年05月に関する記事です。

 
2008/05/29(木)
サスケと闘う直前、イタチ兄さんが現実と幻について意味深なことを言っていました。曰く、お前が現実と思っているものは幻かもしれないんだぜ・・・と。それを見て、イタチ兄さんは現実と幻のはざまに達観して立つ人なんだと思いました。でも、こうして事の真相が明らかになった今、むしろイタチ兄さんは誰よりも現実的だった、という思いにかわりました。サスケは最後までイタチ兄さんの「幻術」を破ることはできなかった。なぜか。それはイタチ兄さんの現実のほうがより深かったからです(そういえば・・・某福本漫画で、西の原田が天に敗れたのも同じ理由でした)。

波の打ち寄せる海を見ながら、サスケは何を思ったのでしょう。結局、自分のこれまでの航路は、イタチ兄さんの幻術の中で右往左往していただけなのか。イタチ兄さんの見てきたものは、この海のように深いものだったのか。あるいは、イタチ兄さんの作り出した幻は、愛が名を変えただけの真実だったのか・・・。


PSYREN-サイレン



そういえばこの漫画って公式的にはサスペンスというジャンルだったんですね。なんとなく漂流教室のような未来ものだと思っていました。飛龍の必死の思いは、禁人種の印を埋め込まれたタツオには届かなかった。いや、届いたかもしれない。届いたからこそ、飛龍の急所をわずかに外した・・・これは来週になってみないと分からない。

ひごろ、明るい未来を描きたいとか言っているくせに、実はこういう殺伐とした世界観が好きであります。ただ、この好き、を言葉で表現するのが上手くできない。仕方なく、ふらふらと・・・。

BLOG MENU

 | 週刊少年 | 
Page Top ↑
このページは2008年05月に関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.