最近読んだ小説

最近読んだ小説に関する記事です。

 
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/01(日)

エンタメ小説、ラノベ

最近、ロックバンドを題材にした小説やラノベを探していて、ブックマーケットの通販サイト(駿河屋)で色々とまとめて買って読んでみました。漫画もそうですが、やはり音楽を題材にするのは難しいのか、タイトル数は多くないようです。

疾風ガール

プロを目指していた元バンドマンが書いたケータイ小説?とのことで、話の展開もスピード感があって面白い。続編も面白かった。ただ、この小説は、キャラの性格が飛びすぎてる印象があって、楽しめない人は多いかもしれません。最近、同じ作者から「レイジ」というのが出ていて、こちらはリアル路線でした。

階段途中のビッグノイズ

廃部になりかけの高校軽音部が舞台。個人的にこれが一番面白かった。今時は洋楽も、ロックよりも、R&Bとかヒップホップが流行ってるのでしょうか。

どがでもバンドやらないでか

これも、高校の軽音部が舞台だが、設定が80年代になっているのが上手く行っている。

1995年のスモークオンザウォーター

ディープパープルの代表曲がタイトル。40代の主婦がバンドをゼロからはじめるという面白い設定。そういえばアニソン歌手の影山ヒロノブ氏は、ディープパープルの強い影響のある日本の本格ハードロックバンド・ラウドネスの前身バンドのボーカルだったと最近知りました。

とまあ、他にも5、6作品くらい読みましたが、長くなるのでこの辺で。作品の完成度よりも書き手の気合が優先してるのが、いかにもロックらしいと思った。小説の古本の通販は、アマゾンよりも、ブックマーケットの通販の駿河屋のほうが安いかもしれません。
音楽 |

BLOG MENU

Page Top ↑
このページは最近読んだ小説に関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。