駿河屋で福袋を買ってみた感想

駿河屋で福袋を買ってみた感想に関する記事です。

 
2016/10/03(月)

古本の福袋

ネットショップ駿河屋は、書籍やCD、ゲームソフトなど、中身が分からない状態で大量にまとめ買いができる福袋セールを、実施しています。駿河屋の福袋は、ランダムに書籍類が入っているわけではなく、ライトノベルや映画化小説、ハウツー本といったように、ジャンルごとにわかれています。

実際に買ってみた感想

というわけで、実際に駿河屋で福袋を買ってみた感想です。買ったのは、「ラノベ」と「映像化された小説」の二つの福袋です。

ラノベセットと映画化小説セット

駿河屋の福袋は、メールマガジンで販売のお知らせが来ます。ちょうど、ライトノベルというジャンルに興味を持っていたので、ラノベの福袋セットをさっそく注文しました。他には、映像化された小説という福袋もあったので、ついでにこちらも注文。合計で、100冊近い分量です。
  詳細
詳細はこちら: 駿河屋の福袋
福袋

良さげなセットはすぐに売り切れに

駿河屋で、福袋以外の商品を物色している最中に、目をつけていた良さげなセットが売り切れになっていました。CDも、30枚くらいぽちぽちと注文している最中に、いくつか売り切れに・・・。ほしいと思ったらすぐに注文するのが良さそうです。

福袋の中身は

1週間ほどして、商品が宅配便で届きました。福袋の他にも色々買ったので、ダンボール2箱分です。福袋の中身については、長くなったので後ほど書いてみようと思いますが、結論から言えば、思った以上にお買い得でした。

メジャータイトルが多い

意外だったのは、ベストセラーになったメジャータイトルがたくさん入っていた点です。もっとも、考えてみれば、たくさん売れたということは古本価格は値崩れしやすいということですので、当然かもしれません。
デメリットは、分量が多いので、置き場所に困るという点です。
今回注文したものを読み終わったら、また注文する予定です。

駿河屋とは

ネットショップ駿河屋はブックマーケットが運営するネットショップです。ブックマーケットは、ブックオフやゲオなどに次ぐ規模の古本屋の全国チェーンで、日本全国に約300店舗も展開しています。本社が静岡市にあるので、駿河屋という名前になっているのだと思われます。ダンボールの緩衝用の新聞紙も静岡新聞です。

買取も

駿河屋は買取サービスも充実しています。 大手買取サイトの中では買取価格に定評があります。

更新情報

  • 2014/8/1
  • 2013/10/29
  • 2012/11/4

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは駿河屋で福袋を買ってみた感想に関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.