ピューと吹くジャガー(その3)

ピューと吹くジャガー(その3)に関する記事です。

 
2007/04/01(日)
さて、前回は、ピヨ彦の名誉と尊厳のかかった検証があっけなく終了してしまって、本論は今、限りなくアポリア(行き詰まり)に近い状態に陥っているようです。
ここで、当のピヨ彦君が隣にいたりすれば小突いてやるところなんですが、しかし、人間の価値を、能力の優劣だけで判断するのは、やっぱり初歩的なところで間違っていると思います。

いずれにせよ、ピヨ彦の魅力に関しては、客観的に見た場合、あたかも他に褒め上げるべき美点がまるでないかのような言い方になってしまいますが、彼は”天然”である、というのが、誰しも認めるであろうポイントかと思われます。隣にいたら、とくに理由もないのに小突いてみたくなるタイプというわけです。

”天然”こそは最強の資質である──なんだか偉そうな御託を並べたわりに、ありきたりな、それこそ3流お昼のドラマの脚本家ですら避けて通るような結論で終わりそうな感じですが、私はそうは思いません。たしかに”天然”というのは殺し文句です。”天然”だからすべてが許される、などという桃色の主題に反論する気はありません──もしそれが真なる「天然」であるならば。

”天然”というのは、人間にあっては一種の逆説であります。あらゆることに非凡さを発揮するジャガーさんにとっては、この「天然」こそが最大で最後の難問となっているのではないでしょうか。というのも、「天然であること」を心がけたならば、その人はすでに「天然」であることはできません。その人の振る舞いは、むしろ演技と呼ぶべきでしょう。
「天然」は、それを追いかけるものから、逃げ水のように逃げていきます。逆に自意識は、光あるところの影のように、どこまでも付きまといます。ジャガーさんはジャガーさんというキャラを演じているかもしれないが、ピヨ彦は、ピヨ彦であることを演じてはいないのであります。

この違いを理解すると、ジャガーというギャグ漫画が、まったく異なった相貌を持っていることに気づくでしょう。
心なしか、ジャガーさんには苦悩の表情が似合う気がします。ピヨ彦に執着するジャガーさんは、心の底に苦悩を隠した喜劇役者である、と私はあえて断言しようと思います。ジャガーさんが苦労人のハメ次郎と仲のよいことを思い出してみれば、私が決して突拍子もない妄想をぶちまけているわけではないことが容易に理解されると思います。
「人生は近くから見れば悲劇だが、遠くから見れば喜劇である」このチャップリンの台詞がジャガーというギャグ漫画にぴったり当てはまる気がするのは気のせいでしょうか?

という次第で、ジャガーさんは、ピヨ彦に執着し続けるのであります。ジャガーさんの不条理な行動は、彼の不条理な心の状態のストレートな反映なのです。

「君がそばにいるだけで
僕はドキドキしてしまうよ
いや・・・・・ゴメン、今のはウソだ・・・・・・・」
(3巻のジャガーさん)

本論の冒頭に戻ります。
ハンターとジャガーは、少年誌と青年誌の中間的な存在かもしれません。ジャガーさんはピヨ彦のような天然キャラになることはできないし、キルアはゴンのような光となることはできないでしょう。この永遠に未決定な作品構造が、青年と少年との中間を、苦さを甘美さとともに彷徨するある種の読者を惹きつけているのだと考えることができそうです。


参考図書:「ピューと吹く!ジャガー関連書籍の一覧」

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

ポータルサイトが公開されてました
http://www.j-jaguar.com/
足跡がてら失礼します。

2007.10.23 23:05 URL | 通りすがり #JalddpaA [ 編集 ]

通りすがり様

おおお~、情報どうもです!
さっそくトップページで宣伝させていただきます!

2007.10.24 19:14 URL | 管 #JalddpaA [ 編集 ]

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページはピューと吹くジャガー(その3)に関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.