映画キャプテン感想

映画キャプテン感想に関する記事です。

 
2007/08/29(水)

野球漫画の名作

野球漫画の往年の名作「キャプテン」が、35年の時を経て、この夏に実写映画化されました(2007年8月18日公開)。「キャプテン」は、新庄やイチローといったプロ野球選手にも影響を与えたという作品です。

あらすじ

中学野球の全国大会3連覇の青葉学院から墨谷二中に転校してきた谷口タカオは、そこの野球部に入ります。谷口は、墨谷野球部の練習初日に、前の学校の青葉学院のユニフォームを着て行ったため、墨谷二中のナインに大きな期待を寄せられます。しかし谷口は、青葉学院では試合に出れない球拾いの補欠でした。本当のことを言い出せない谷口は陰で特訓を始めます。

感想

映画「キャプテン」は、原作をほぼ忠実に描いています。墨谷二中のナインも原作のキャラのイメージを踏襲するよう配役されていて、原作のファンには十分に満足できる内容になっています。まだあどけなさを残す少年たちを見守るような気持ちにさせてくれる、さわやかな映画です。

併せて読みたい漫画

月刊ジャンプ連載の「キャプテン」と平行して週刊少年ジャンプで1973年から1978年にかけて連載された「プレイボール」は、谷口タカオの高校時代を描きます。いわゆる熱血路線や魔球路線からは一線を画し、等身大のキャラクターが仲間と共に努力し成長していくちばあきおの漫画世界は、今見ても決して古びてはいません。このタイプの漫画は、のちに「キャプテン系」とも呼ばれるようになります。そういえば、現在人気の「おおきく振りかぶって」も、「キャプテン系」野球漫画と言えるでしょうか・・・?

文庫本全巻セット

「キャプテン」文庫本全巻、「プレイボール」文庫本全巻セットは、漫画全巻ドットコムで好評販売中です。

BLOG MENU

この記事へのトラックバック

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは映画キャプテン感想に関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.