に関する記事です。

 
2017/04/30(日)

部数

最近、ナルト、ブリーチ、黒子のバスケといったジャンプの看板作品が立て続けに連載終了して、部数が落ち込んでいるという話が出ています。読者としては、どうやって部数を回復させるか、手腕の程を観たいという気持ちもあります。

≫続きを読む

2017/03/30(木)

電子書籍販売も開始

以前、ビーケーワン(BK1)というオンライン書店がありました。ビーケーワン(BK1)は2012年5月に、電子書籍販売も同時に行う「ハイブリッド総合書店honto」というショップに変更になりました。

≫続きを読む

2017/02/28(火)

最近はスマホが多い

管理人は基本的に紙書籍派ですが、本棚などの物理的なスペースの関係で、最近はスマホでkindleや楽天koboなどのアプリを使って、電子コミックを読むことが多くなっています。
なにしろ、電子コミックはスペースをとらないので、このまま電子コミックに全面移行できれば、と思うのですが、電子コミック特有の課題がいろいろと目につくように思います。

≫続きを読む

2017/01/28(土)

33巻まで発売

人気のジャンプ漫画「HUNTER×HUNTER(ハンターハンター)」は、現在33巻まで発売されています。

Amazon、Yahoo、楽天を比較

Amazon(アマゾン)、Yahooショッピング、楽天市場の日本3大ショッピングモールで、HUNTER×HUNTERの古本全巻セットを価格比較してみました。

最安値は4500円前後?

2017年1月現在、HUNTER×HUNTERの中古全巻セットの最安値は、アマゾンの場合は4500円前後となっています(送料別)。

≫続きを読む

2016/12/29(木)

電撃大賞作品

最近、電撃大賞の作品をいくつか読みました。電撃大賞というのはライトノベルの新人賞のことです。 応募が数千もあり、ライトノベルの中ではもっとも注目されている新人賞のひとつです。 電撃大賞は、毎年傾向が異なるようです。

≫続きを読む

2016/11/28(月)

60年代の名作

60年代から70年代にかけて週刊マガジンで連載された名作「あしたのジョー」の中古コミック全巻セットを通販しました。読み始めたら止まらず、一気に読破してしまいました。

文庫版がおすすめ

あしたのジョーの作画は、ちばてつや(ゴルフ漫画の「あした天気になあれ」など)、原作は梶原一騎(「巨人の星」や「タイガーマスク」など)。あしたのジョーは、講談社の週刊少年マガジンに1968年から1973年まで連載され、単行本は全20巻で完結しています。現在は手に入りやすい文庫版も発売されています。

≫続きを読む

2016/10/31(月)

ジャンプ漫画もラインナップ

集英社の週刊少年ジャンプの漫画も、電子書籍に対応するようになっています。ワンピ、ハンター、ナルトといった連載中のコンテンツから、DBなどの過去の名作までラインナップされています。

価格が高い?

しかし、ジャンプ漫画に関しては、価格が単行本とあまり変わらないという状況です。とはいえ、ebookjapanなどには、セット販売されているコミックスをまとめ買いすると、10%オフになったりすることもあるので、ややお買い得です。

≫続きを読む

BLOG MENU

 | 週刊少年 |  Next
Page Top ↑
このページはに関する記事です。
Mail:kenko321@mail.goo.ne.jp
copyright (c) kenko321.blog92.fc2.com All right reserved.